初心者でもよく使う!Git Hubの機能とターミナルのコマンドまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
github-sticker

プログラミングを勉強するようになってから使うようになったGit Hub。

使い始めてから、なんて便利な機能なんだ!!プログラミング以外にももってこいじゃないか!!と感動しました。

ただ、せっかく使い方を覚えても、しばらく使わないとあっという間に忘れてしまうので、一番よく使う機能とターミナルのコマンドをまとめて書いておきたいと思います。自分用のまとめ。

プロジェクトの最初に1度だけ行うこと

レポジトリを作る

git-hub

まずは自分のプロフィールからレポジトリを作成する。

プライベートにするか公開にするかは後から変更できるので、いつもは非公開設定にしています。

github2

詳細はオプションなので、レポジトリの名前だけ書いておけばすぐ作成できます。

github3

Create repositoryをすると、次のページでURLが表示されます。これを使用します。

ローカル(PC)レポジトリの作成

次は、ローカルファイルにあるフォルダとGit Hub上のレポジトリを繋げます。

まずはターミナルから、ローカルファイルに作成したフォルダへ移動。ターミナルで以下のコマンドが使えれば目的地までいけるかと思います。

$ pwd   現在地を確認

$ ls  現在フォルダの中身を確認

$ cd フォルダ名 フォルダ内で移動 

目的のフォルダに移動したなら、

$ git init

これで、ローカルレポジトリを作成できました。

ローカルとオンラインレポジトリを繋ぐ

先ほどgit hub上で作成したレポジトリにURLがありましたよね。あのURLをコピーしておきます。

続いて、ターミナル上で以下を入力します。

$git remote add origin URL

これだけで、ローカル環境とオンライン環境を繋ぐことができました。

プロジェクトを更新するたびに行うこと

追加・更新したファイルをローカルレポジトリに保存(コミット)

まずは、オンラインに保存したいファイル(例えば、main.htmlというファイルの場合)を選択。ちなみに私は、VS codeというコードエディタを使っていて、この操作パネルからファイルを作っています。すごく使いやすいエディタなのでオススメです。

$ git add main.html     

ファイルが複数ある場合には、以下のコマンドが便利です。

$ git add -A 

続いて、追加、変更したファイルにコメントを残します。

$ git commit -m “コメント”

ちなみに、私が初回にに記入するコメントは、initial commit です。

変更したファイルを送る場合は、できるだけ、どこをどう変更したのかを細かく書いておくこと。初期に私がよくやっていたのが、”Modified HTML file.”のように、どこを変更したのか全くわからないというコメントの書き方。1日一回などの保存では、細かく変更を書けないので、1時間に一回とか、区切りのいい場所で細かくコミットしておくようにします。

オンライン上に変更内容を送信(保存)する

最後に入力するコマンドはこちら。

$ git push origin master

これで、それまでローカルに保存されていた内容が、オンライン上に保存されます。このプッシュした時にファイルが送られるのが楽しくて、1日に何度もpushしてしまう(笑)本当は、1日に1回とかでもいいはず。

次のプロジェクトのファイルができました。今回も頑張るぞー。

github4

まとめ

使い始めの頃は「色々機能があって使い方がわからない!」と思っていましたが、上記、最低限の機能が使えるようになるだけでもとても便利です。コードのバックアップになるし、「やっぱり3つ前に保存した状態に戻りたい」となっても簡単に見直せるので。

興味のある方は、お試しあれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加