子なし夫婦、シェアハウスのすすめ(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cofee

前回に続き、アメリカでのハウスシェア生活について。

今回は実際に暮らしはじめて、見えて来たシェアハウスのメリットデメリットについてです。

シェアハウスをすることになった経緯や契約については、こちら

メリット

1)固定費用の節約になる

前回も書いた通り、通常のアパートを借りるよりも、交渉次第で安く住めます。もしくは、アパートと同じ予算で、より良い、広い、条件の良い物件を見つけることができます。

2)お風呂が広い

色々なお家、アパートに遊びに行かせてもらいましたが、たいてい一軒家の方がアパートよりお風呂が広いように思います。日本のもので恋しいものは?と聞かれれば、「温泉!」と答えるくらいお風呂が大事な私にとっては、ハウスシェアすることでお風呂が広くなったことがとても嬉しかったです。

3)色々な家電が試せる

私たちの家主は、家電が好きで色々と揃えていて、好きに使って良いよということだったので、試し使いさせてもらっていました。アレクサ、dysonの掃除機、ハネのない扇風機、dysonドライヤー、お掃除ロボット、洗濯乾燥機…アパートにあるものとは違うタイプで、性能が良くて感動しました。

dysonの家電はもともと興味があったので、喜んでいたのですが、お値段の割にイマイチかも…?と思ってしまったり。私には重すぎるなと感じるものもありました。実際に生活の中で使って試せたので良かったです。

4)英語を話す機会が増える

お互いの共通語は、英語です。

キッチンとリビング以外で生活は別れているものの、毎日何かしら顔を合わせるので、英語で会話をします。キッチンをシェアしているので、料理に関する会話は多く、食材(野菜など)の名前は随分と練習になりました。あとは、ESLで同じ授業をとっていたりするので、一緒に復習したり、勉強したりしていました。

5)料理の幅が広がる

お互いに料理を作ったものをシェアしたりもしていました。中華料理の調味料や味付けを、色々と教えてもらって料理の幅が広がりました。逆に、私が教えた味噌汁がとても気に入ったらしく、その後毎日作っていました。

6)掃除力があがる

家主たちは何度か日本を訪れたことがあるそうで、「日本=清潔な国」という印象がとても強いそうです。

なぜこんなに良い条件で私たちに貸してくれるのか聞いた時、「せっかく買った家を綺麗に使ってもらいたい。お金よりもまず良い人たちにきちんと使ってもらいたい」との答えが。・・・これは期待に沿わなければ!!と、普段から掃除にはかなり気合いを入れました。家主はもともと綺麗好きの人たちだったので、色々お掃除技も教えてもらって、勉強になりました。

7)不在時の犬のお世話をしてもらえる

長期で旅行に出ることはなかったものの、ちょっと出かけるときに、預けることができて助かりました。やはり誰かいるのといないのとでは、寂しさが違うと思うので!

8)夫が出張中でも寂しくない

一緒に住んでいる間に夫の出張が3回入りました。どれも1週間〜3週間の長さで、一人で過ごすのはなかなか寂しいです。(つわりが辛くて出歩くのもしんどかったので)そんな時に、常に誰かが家にいるというのは心が和みます。やっぱり話し相手がいるだけで全然違う!

9)つわりの息抜きになる

つわりがひどかった時、「一緒に映画みない?」「気晴らしにお散歩いかない?」「食事つくったけど一緒に食べない?」と、何かと声をかけてもらいました。辛いと、つい一人で寝てばかりになっていましたが、8)で書いた通り、1日のうち少しでも友人と話せると、かなり息抜きになりました。

10)友だちが増える

一緒に住むようになって改めて、在米中国人の多さに驚かされました。1〜2日に一度は、近くに住んでいるという友達が遊びに来ていた気がします。こんなにいるんだ〜とちょっと羨ましかったり。

と言っても、昼間に30分〜1時間という時間だったので、うるさい、気になるということは滅多になく、その場にいれば私も一緒に会話に参加していました。年齢が近い友だちとは、一緒に買い物に行ったりするようにもなりました。

11)現地の情報に詳しくなる

友だちが増えるに連れて、現地の情報をより多く入手できるようになりました。特に、セール情報については主婦ネットワークでの情報量がすごかったので、$100以上のもので気になる商品があれば、他にお値打ちのものがないか聞くとたくさん情報が集められて良かったです。中国語、少しでも理解できればな~(><)とも思いました。

12)夫婦の会話が増える

2組の夫婦で住んでいたので、家主夫婦の日常も垣間見れます。その様子を見て、あれは良いところだから真似してみようとか、自分たちの夫婦の関係性を見直せる機会になりました。

kitchen-pic

デメリット

1)匂いづわり時に料理の匂いが…

これは家の構造の問題なのですが、私たちが寝室にしていた部屋がキッチンの真上にあったので、料理をしていると匂いが上がってきて、匂いづわりで寝ている時はなかなか辛かったです…。体調が良い時は全く気にならないんですけどね。

2)キッチンを使う時間が被る

キッチンは広くて、料理をする時間が被っても少し狭いな、くらいで大きな問題ではなかったのですが、あえてデメリットを聞かれれば、というところでしょうか。料理した後や食べた後、相手もキッチンを使うのですぐに片付けなければ!と焦ることはありますが、片付けを早く済ませる習慣がついたので、これはこれでよかったと思います。

3)家を買いたくなる

アパートより、快適です、持ち家。つい、持ち家に住み続けたくなってしまいます。

その分、元手とローンが必要なので、お金が必要です。そして、色々お家のトラプル(特に水漏れ)を見ているので、家主になるのは大変そうだな、とも思ってしまいます。

落ち着いて来てはいるものの、まだ住宅価格は値上がりしているので、資産構築の目的で購入を検討するのはありなのかもしれません。

まとめ

結果から言うと、シェアハウスをして圧倒的にメリットが多かったです。

これだけメリットが多いシェアハウス生活でしたが、私たちが満足できたのは、やはりシェアメイトとの相性がかなり良かったからだと思います。(留学した友人などから散々、もうルームシェアは2度としない!!こんなひどい目にあった!!という話を事前に聞いていたので。)

この夫婦に決める前にも夫の会社の同僚や友人にシェアハウス・シェアルームに興味がないか聞いて回ったり、Craiglistで探したりしていました。ただ、詐欺も多かったりするので、十分気をつけてください。良いシェアメイトに出会うのは、根気と運が必要です。

信用できる人や友人から良い話がくるかと思うので、興味がある方は言うだけタダ、で「シェアハウスしたいんだけど、良い物件(人)知らない?」と、周りの人に聞いてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加