格安航空WOW airに乗ってみた。〜感想と機内の様子〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
wow-air-photo

WOW airってご存知ですか?

こちら、アイスランドのLCC(格安航空会社)です。

アメリカからヨーロッパへ一人旅に出かけた時、他社が1,000$する中、往復600$という安値を叩き出していたWOW air

あまり身近でない航空会社で、日本語レビューもそんなに見かけなかったので、乗って見た感想をまとめてみます。果たしてWowな経験はできたのか?!

関連記事はこちら>>フランス&ドイツ旅行で使えるsimカードを現地調達

荷物制限

預け入れ荷物の制限は23Kgの会社が多いと思うんですが、こちらは20Kg。もちろん課金制。

20Kgを超える場合は追加料金が必要で、最大32Kgまで。縦・横・長さが158cmを超えてはいけません。詳しいFAQ→ Check in Baggage FAQ

途中でフランス⇄ドイツで使用したエアーフランスが23Kgまでだったので、最後アメリカに戻るときに超えてないかはらはらしました。

荷物はチケット購入時に、一緒にオプションとして購入しておくことをオススメします。

機内の様子

wow-aire-seat

こちらが座席の様子。見ていただければわかる通り、長距離飛行機には当たり前についている液晶パネル(TV)がついてない!!結構衝撃でした。そして、充電(USB)コンセントもない。音楽・ラジオを流すサービスもありません。

でも、各シートに色々付いていない分、無駄なものを削ぎ落としていてスッキリまとまった印象。座席も広いように感じました。足元が広く見えませんか?

あと、写真はないですが、トイレが狭かったです。

機内サービス

Amy-speaking
Amy

格安航空といえど、10時間以上のフライトだし、ブランケットと枕と一杯のお茶くらい出るだろう。。

あまい!!WOW Airをなめてはいけません。

ブランケット、枕、液晶パネル、飲料、食事 一切ありません。

日本国内で LCC利用したことはあったのですが、短距離で気にならなかったのか?でもお茶のサービスくらいあったきがする…。ブランケットがなかったのが地味に痛かったです。かなり機内寒いです。

映画が見られないのも悲しいですね。私はKindleと、座席に置いてあったWOW Air発行の雑誌についていたSUDOKU(数独)でひたすら時間潰しました。

ただ、逆に言うと、機内食が嫌いな人には朗報です。そこにお金を払う必要がないから。空港で、自分の好きな食事(サンドイッチやお弁当)、飲料、スナックを買って持ち込めば良いだけです。

もちろん、お金を払えば持ち込まなくても食事などサービスは受けられますので、どうしても欲しくなったら課金しましょう。機内で注文できます。ただし、内容はサンドイッチやピザなどで、他社ででるようなコース(スープやサラダやデザートがついてくる)ではありません。

WOW Air に向いている人・向かない人

Amy-speaking
Amy

向いている人は、バックパッカー、とにかく旅費を安く済ませたい若い人。

映画以外で時間を潰せる人。睡眠や、読書や、Kindle、ゲーム、漫画が好き。PCで作業している人も結構いたかな。

必然的に用がなければ添乗員と全く話す機会がないので、睡眠など邪魔されたくない人は良いかもしれません。ただ、困ったときは英語必須です。(日本やアジアには就航していないので、日本語の話せる添乗員さんはいないと思った方がよさそうです。)

Amy-speaking
Amy

向かない人は、小さなお子さん連れ、きめ細やかなサービスを期待する人。

乗ったタイミングかもしれませんが、小さなお子さん連れや高齢の方は見かけませんでした。

お断りしているというわけではないと思いますが、多くの荷物が必要だったり、「課金」ではないサービスが必要だと思われる方、旅慣れしていない方にはハードルが高そうです。

乗客は若い層が多いように感じました。女性の1人旅らしき人もちらほらいて、機体自体は新しく、不穏・危険を感じるようなことは全くありませんでした。むしろ清潔で綺麗でした。よくも悪くも、随所にWowな経験はありました。(^_^;)

いずれにせよ、課金していかなければとても安い航空会社であることは間違いありません!機会があればチャレンジして見てくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加