海外での友達の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
photo-of-friends-note

「アメリカ(海外)で友だちつくるなら、どうやって作る?」

これ、まだ付き合って半年くらいの時に彼氏(現・夫)に聞かれた質問です。

「結婚して(アメリカ一緒に行って)大丈夫かどうか確認するテストか?!」

と思いました。その時どう答えたかあんまり覚えていません(^^;

その当時、日本に留学に来ている大学のクラスメイト(日本語ペラペラ)の友だちならいたけれど、海外でどうやって作るかと聞かれると正直戸惑いました。

大人になって「誰も知らない場所でまた一から友だちをつくる」っていうのも果たしてどんなものか想像もできませんでした。

はて、友だちってどうやって作るんだ?

今日はそんな素朴な疑問について、私なりに考えた方法をまとめてみます。

英語の勉強をする

もちろんこれは、友だちの範囲を日本人に限定しないためです。日本人は少ないので、コミュニティも狭いです。色々な情報を得るために、それ以外の友だちをつくった方が断然世界が広がります。

仕事に使うならまだしも、ある程度意思疎通する程度であれば中学生英語で十分です。(カリフォルニアは特に移民が多いので、ちょっとやそっと変でも普通に聞いてくれます。)

中国や韓国など、一定数人数(移民)が多い国の人は、英語の練習がしたいので自国以外の友だちを求めていたりします

そう言う人は意識が高い、勉強熱心な人が多いので、友だちになると色々日本語だけでは知りえなかったことを教えてもらえて面白いです。(しかも話をするのが好きなので、1つ質問すると10答えが返ってきます。)

 

自分の好きなことに没頭する

私は事務職でしたが、東京で一人暮らし(自活)できるくらいのお給料はもらっていましたし、スキルアップのために色々勉強も続けていました。

アメリカに来て、私って趣味ないな…と落ち込んでいた時期もありましたが、「自分の趣味・得意なこと=勉強(新しいことを学ぶこと)だ」と気づいたんです。

それで何か自分が没頭できるものを探そうと思いました。とにかく今は、英語が第一ですが、英語をツールにして+コンピュータサイエンスも学んでいくつもりです。

これがもう深くて範囲が広くてどんなにやっても終わりが見えないので…楽しいです。

そして、自分が好きなことが見つかったら、その今の自分の似た人がいるコミュニティに入りましょう。

自分の今の状況と似た人がいるコミュニティに属する

コンピュータサイエンスを学んでエンジニアになることが目標、まず第一に英語の勉強をするため、今はESLに通っています。その中で、大学(college)準備コースがあり、アカデミック英語と数学を勉強しています。

数学は正直、中学1〜2年生レベルですが、英語にすると文章問題が意外と難しい。(質問の単語や意味がわからなかったりするので。)けれど、新しい英単語を勉強するのに役立っています。absolute value=絶対値 とかね。

学校で出会う人たちの中でも仲良くなる(話が広がりやすい)のが

  • 自分の国で仕事をしていた
  • 仕事は好きだった、誇りを持っていた
  • 家族の事情(結婚や夫の海外赴任など)でアメリカに来た
  • 子どもがいない
  • 簡単な意思疎通くらいの英語が話せる

自分と似ているからですね。自分と同じ年齢層の女性もクラスに3分の1くらい在籍しています。

ここに通っていたことで、コンピュータサイエンスで学位を取りたいという気持ちが高まりました。(医者や弁護士など、プロフェッショナル職の人が多かったので、私もそうなりたいと思えた。)

方法は様々ですが、ミートアップ、びびなび、Facebookでグループイベントに参加して見るのもありです。

語学学校、コミュニティーカレッジ、大学の方が一緒に過ごす時間が長いので、子ども時代のように自然に知り合いは増えると思いますが、自分にあったものを探して見ましょう。

地理・歴史・宗教を勉強する

これは、「教養」というより「常識」として知っておきたいところ。

実際、「〇〇出身の人とは仲良く慣れない」という発言を聞いた時、それがパーソナルな事情というより、国や文化的背景が絡んでいる場合があります。

基本的に「みんな仲良く」「話し合えばどうにかなる」精神の平和な国・日本で育った私ではどうしても分からないところがあるのです。分からなくても、理解できる努力をしています。

媒体は主に本からです。

意見をはっきりもつ・発言する

「私は基礎からしっかり勉強したいから、大学にもう4年かけても良いと思っている」

と友だちに言いました。彼女は、

「いいね!やれるよ!それだったら私の友だちに〇〇大学に行った人がいて…」

とすんなり受け入れて、さらに知人を紹介してくれました。

 

実は個人的に、この話をするのはとっても勇気が必要でした。

日本にいたころは、なんとなく「社会の目」に縛られていました。

この年齢になったのだから、新しいことを始めるなんて無茶だ…この年代なら、こうあるべき…

でも、

アメリカの社会では、良い意味でみん他人に無関心。過度に心配したりブロックしようとしたりしない。

「こうなりたい」という人には、「いいね」と反応するし、むしろ「すごいね」と応援してくれて、そこから話が弾みます。実はあなたの身近な人が、あなたと同じ夢を持っているかもしれません。そういう人が近くにいると、集められる情報も、知り得るキャリアパスも、人生の方向だって変わるかもしれない。

逆にいうなら、

意見がない人には結構冷たいです。冷たいというか、それ以上興味を示さない。「あ、何も考えていないんだ」と認識されるとあんまり話してくれなくなります。笑顔で挨拶はしてくれますけどね。そこから発展はないです。

繰り返しになりますが、自分の意見をしっかりもつために、

  • 英語を勉強する
  • 得意分野(話せる分野)を持つ
  • 世界全体の地理・歴史・宗教について予備知識を持つ

ことが大切です。

ブログを書く

そして忘れてはいけないのが、このブログを書くという行為。Twitterと連携しているおかげで、気軽に日本人の方々と繋がれるようになりました。

また、この場所では唯一、日本語で意見をまとめることを自分に許しています。(それ以外は基本、英語で、友だちも極力日本人以外の人との輪を広げています。)

どんなに英語を勉強していても、やっぱり(特に答えの出にくいものに対して)深く考えられるのは日本語です。

無理をしない

まとめてみたものの、やっぱり一から新しい人全員と友だちになるのは疲れます。

疲れた時は思い切り夫に癒してもらうし、1日家から出ないし、ひたすらブログ書いたり、日本にいる親や友だちに電話したり、泣くことだってあります。無理をせず、1人ずつ、自分のことを話せる友だちを作りましょう。

やっぱり、友だちは良いもんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加