アメリカの金銭感覚を身につける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
business-money-pink-coins

『部屋の家賃いくら?』って質問に、すらっと英語で答えられますか?

こんにちは、主婦エンジニアのAmyです。

アメリカで生活していて、やはり主婦トークに欠かせないのがお金の話。特に中国からきている駐妻の方は、ものすごく金銭感覚がしっかりしていて、見習わななければいけないなといつも思います。

部屋の家賃、水道光熱費、学費、月々の食費・・・

もちろん私も把握していますよ?

でも、英会話の中で、それがぱっと出て来ないんです。

今日は、英会話の中でどうしたら流暢にお金の話、特に大きな単位でのお金の話ができるのかについて考えてみます。

金額が英会話の中ですらっと出て来ない原因

書いている数字は読めるのに、なぜ英会話の中でパッと出て来ないのか、原因を考えてみました。私の場合、大きく2つあると思います。

  1. 大きな金額ほど、日本語読みをしている
  2. 英語での金銭感覚が身についていない(日本円に換算して考えている)

1については明白で、

1,000までなら特に問題なく空で英語で言えますが、10,000を超えてくると少し怪しく、100,000という数になると諦めて日本語で読んでしまいます。

(さすがにこの数字の金額にお目にかかることは少ないですが、数学の問題などには出てくる。)

これは、英語で数字に触れることの極端な経験不足からくるものです。

2については、

例えば「アボカド1ついくら?」と聞かれれば、「one doller」と答えられたとしても、「家賃いくら?」と聞かれると

「(月々30万円だから…)Thirty…? (違うな、これをドルに直さなきゃだからん〜と、0を2つとって、3,000だから)Three thousands dollers」

と答えるまでに5〜10秒かかってしまうことです。

私のやりがちなミスとして、大金であるほど、それがいくらなのか想像もできなくて、とりあえず日本円に直し、その金額を日本円のまま覚えてしまうということです。

これでは、いつまでたっても(日本語でしか)家計について把握できないし、アメリカドルでの金銭感覚も身につきません。

大きな単位の数字も英語で読めるようにする

「大きな単位の数字が苦手」なことについては、ひたすら練習しかありません。

ベルリッツさんのブログで、英語で数字の単位が一目でわかる一覧を見つけました。

さすが、音声までついているので非常にありがたいです。

『「10億」と「500兆」単位の音声とテキスト』の項目が、まさに私の目指していた内容でしたので、とりあえずこれからしばらく、毎日10分これで練習しようと思います。

シリコンバレーの金銭感覚を身につける

では実際に、英語(アメリカ)での金銭感覚を身につけるためには、どうしたらいいでしょうか?

シリコンバレー地域の中でも大きな都市の一つであるサンノゼの物価について、expatistanというサイトからいくつかピックアップしました。(2018年2月現在)

12 eggs large 卵(L)12個 $5.60

The price of Monthly rent for 85 m2 (900 Sqft)

furnished accommodation in NORMAL area

月額85平米家具付き借家

(通常エリア)

$2,703
The price of Internet 8 Mpbs 月額インターネット料金 $46
Cold medicine for 6 days 6日間の風邪薬 $8
Standard Men’s haircut in expat area in the city 男性通常ヘアカット1回 $22
2 tickets to the movie 映画のチケット2枚 $25

The price of Volkswagen Golf 1.4 TSI 150 CV

(or equivalent), with no extras, new

フォルクスワーゲン(1.4 TSI 150 CV)

追加料金なし、新車

$19,462

どうでしょう?

個人的には卵、住宅費は高いなと感じました。(車は特定のものをさしすぎていてあまり参考にならないかもしれませんが、数字の練習には良いかと。)そのほかは、東京の物価とそんなに変わりないかと思います。

 

大切なのは、このドルを日本円に換算せず、そのまま口に出して練習するということです。

そうすると、「日本と比べてみて…うわ、高いなー」ではなく

「アメリカの他の州や地域と比べてみて、高いな(安いな)」と思えるようになります。

10,000ドルで何ができるか

それでは最初の問題提起に戻って、$10,000で何ができるか考えてみました。

$10
  • 6日間の風邪クスリが1箱買える
  • 卵が約2箱買える
$100
  • (男性)ヘアカットに4回行ける
  • 映画デートが4回できる
$1,000
  • インターネット料金約22ヶ月分
$10,000
  • 85平米家具付き借家(通常エリア)に約4ヶ月住める
$100,000
  • フォルクスワーゲン(1.4 TSI 150 CV)追加料金なし、新車が約5台買える

いかがでしょう?大きな数字でもイメージがしやすくなりましたか?

 

数字やお金の話が自信をもってできるようになると、主婦ネットワークの中で他国の方と情報交換しやすくなり、情報網が大きく広がります。

ぜひ、身近なことから練習し、英語での金銭感覚を身につけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加