WordPressでブログを始めるための5つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
desktoppc

こんにちは! 主婦エンジニアのAmyです。

自己紹介でも書いた通り、このブログが私にとって初めてのWordpressブログ。

それまでは半年ほど無料ブログに甘えていましたが、WordPressで作ったブログは資産になるという言葉に惹かれて、1月前にドキドキしながらサーバーをレンタルしました。

今回は、初心者の私が何とかブログとして発信できるようにページを整えるまでの過程を、ご紹介します。

大まかに分けて、WordPressでブログを作るまでに必要な工程は5つです。

それぞれの工程にかかった時間(リサーチ時間を含める)も書いておきます。早い人はきっとこの10分の1もかからないのでしょう(^^; 

ドメインを取得する:30分

私はGoogle Domainsでドメインを取得しました。色々な選択肢はありますが、Googleというビッグネームに惹かれたというのが一番単純で大きな理由です。

料金 12$~/year  (ドメイン名によって料金は異なります)

取得できるドメインは.com、.business、.net、.digital、.zone です。私は分かりやすく、世界の色々な場所からでも検索にひっかりやすそうな.comを選びました。

サーバーをレンタルする:6時間

アメリカのサーバー会社にするか、日本のサーバー会社にするか悩みました。結果的に、英語の勉強も兼ねてアメリカのサーバー会社から借りることに。日本のサーバー会社に比べて、アメリカの方が安い会社が多いですね。

私がレンタルしているのはこちらのサーバー会社 : A2 hosting

一番安いプランで7.99 $(キャンペーン適応で3.92$〜/月など変動します)でレンタルすることができます。

私は真ん中のSWIFTプランにしていて、キャンペーン適応で4.9$ / 月で借りられています。安くて満足!

“Best Web Hosting services”で検索していくつか候補をあげ、企業のHPが気に入ったのでこちらに決めました。英語で口コミを見ても特に問題がなさそうでしたし、今のところ、使い勝手は良いです。

  • 大手の傘下に入っていないので、対応がきめ細やかで丁寧&ページ表示が早い
  • サーバーの拠点が世界中にあり、自分で拠点を選べる(狙ったターゲットに近い拠点を選べる)
  • WordPressが1クリックで簡単にインストールできる
  • Cpanel 対応で操作が視覚的に分かりやすい

「大手の傘下に入っていない」というのがサイト表示スピードの肝で、小さくてサービスが良かったレンタルサーバー会社が、大手の参加に入って口コミがガタ落ちしているというのを見かけました。

レンタルした時点ではCpanelって何?というレベルだったのですが、このインターフェースを採用していると使い勝手が良いということらしいです。

サーバーをレンタルするまでは、サーバーが物理的に置かれている場所からサイト閲覧者までの距離がページの表示速度に関連するということすら知らなかったので、非常に勉強になりました。なので、サーバーの拠点が日本にもあるというのはメリットでしたね。

ページの表示速度はまだ測ったことがないので、そのうち測ってみようと思います。

サーバーとドメインを関連づける:2日

これにはかなり時間がかかりました。

サーバーとドメインを結び付けるための作業として、サーバー側の設定・ドメイン側の設定の両方が必要になるのですが、ドメイン側の設定が必要なことを知らず、1日以上経過していました。笑

さすがに遅いなと思って調べてみて、ドメイン側の設定が終わってしまうと、2時間もせずに紐付けが終わっていました。

これも初心者らしいミスですね。

テーマをインストールする:1日(〜1週間)

どのテーマにしようか悩んだ時に、SEOに強いというバズ部さんのテーマXeory(セオリー)を見つけました。

無料です(大事)。

テーマによっては、わざと脆弱性をはらんだデザインコードが組まれていて、サイト攻撃の対象にされてしまうことがあるそうなので、テーマ選びは慎重に行なってください。

Xeoryのテーマは、Extension とBaseの2種類があるのですが、私は写真や画像よりも文章メインのブログにしたいと思い、Xeory Baseのテーマをインストールしました。

ブログを書き始めて1ヶ月も経っておらず、正直、まだこちらのテーマがSEOに強いという実感は湧いていないのですが、現時点で気に入っている点は2つ。

  • デザインがシンプルで、余計な装飾がない
  • 懇切丁寧な(日本語の)解説がついている

ドメインやサーバー会社が全て英語だったこともあり、日本語で丁寧な説明がついていて感動しました。

Xeory Baseのテーマをインストールすると、Cpanelに「使い方マニュアル」が登場します。これを1つずつ辿っていけば、1つのサイトが完成します。本当に素晴らしい!!

この基本設定自体は1日もあれば終わると思いますが、私は最初からある程度デザインをあーだこーだといじっていたので、基本設定だけで1週間ほど費やしていました。

現在も見やすいサイトにするため、少しずつデザインを変更中です。今後、カスタマイズ歴も記事にしていきますね。

プラグインをインストールする:1時間

ようやく最後の工程です。

Xeory Baseの使い方マニュアルに、「オススメのプラグイン一覧」が掲載されているので、そのオススメのものをインストールします。

プラグインを入れすぎてしまうと、プラグイン同士が喧嘩してうまく動かなくなる原因になります。まずは基本に沿って、5〜10個ほどのインストールに留めておきましょう。私が現在インストールしているプラグインは以下のものです。

  • TinyMCE Advanced:
  • Akismet:最初からインストール済み
  • Contact Form 7:
  • BackWPup:
  • Google XML Sitemaps:
  • W3 Total Cache:
  • Ewww Image Optimizer:

プラグインを探すだけでもワクワクしてきますね。便利なプラグインを作ったりできるようになりたいな(^^)

keyboardandnote

いかがでしたか?きちんとステップを踏めば1週間もかからずにWordpressでブログを書けるようになります。

私は、何か1つのステップを進めるたびに引っかかり、つまづき、(英単語から)調べ、やる気をなくし、もう一度取り組んで、休憩し、色々なサイトからヒントを得て、また奮起し、というのを繰り返して1ヶ月ほど時間がかかって完成しました。

(正確には、まだ、まだ、試行錯誤中なので完成はしていませんが、見られる形にはなったかな?ということで。)

サイト自体はもちろん、この年齢になってまた新しいことができた、学んだ!という感覚が楽しいです。

一歩ずつ、一歩ずつ。Step by Step

この記事が、誰かの役に立つことを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加